好印象を与える英語での自己紹介!ビジネスシーンや学校のクラスで使える表現

未分類

「英語で自己紹介できるようになりたいけど、自信がない…」と悩んでいませんか?
そんな方に向けて、自己紹介を英語でできるようになる為の記事を書きました!

————————————
・自己紹介が苦手…
 
・英語で自己紹介できるようになりたい!

・最高の第一印象を与えたい!

————————————

本記事で紹介する、シーン別の自己紹介のポイントをおさえれば、
初心者でもいい第一印象を相手に与える事ができますよ!
僕も初めは自己紹介をすることが苦手でしたが、ポイントを抑えることで
徐々に苦手意識がなくなっていきました!
この記事では2つのシーン別に分けて解説していきます。

・学校のクラスでの自己紹介
・ビジネスシーンでの自己紹介

一般的に使われるフレーズや、ビジネスの場で使われるものまで詳しく解説するので、じっくり読んでみてください!

クラスでの自己紹介


ここでの自己紹介は、シンプルにテンポよく話すことが大切です。

自分の名前を名乗りましょう

最初は自分の名前を伝えましょう。
✔︎Point
ニックネームなど自分のことをなんて呼んで欲しいのか伝えると、
名前を覚えてもらいやすいです!

例:I’m ~. Please call me ~.
「私は〜です。〜と呼んでください」

出身地について

自分はどこから来たのか、どこで育ったのかについて話しましょう
ここも簡単に伝えればOKです。

例:I grew up in Osaka but I live in Tokyo now.
「私は大阪で育ち、今は東京に住んでいます。」

家族構成について

家族は何人いるのか、兄弟は何人いるのかについて簡単に伝えましょう。

例:I come from a family of four. I have a younger brother.
「私は4人家族です。弟が一人います。」

趣味や自分が興味があることを伝える

スポーツや好きな食べ物でもなんでもいいです。嫌いな物などもあわせて伝えるのもいいと思います。

例:I’m interested in soccer. I play soccer every weekend with my friends.
「私はサッカーがが好きです。週末は毎日友達とサッカーをしています。」

締め

名前や趣味などを伝えた後は、自己紹介を締めくくる、締めの一言を添えましょう。

例:That’s all. Thank you for listening.
「以上です。聞いてくれてありがとう!」

学校のクラスで自己紹介する時はこのステップで話せれば、聞き手に伝わりやすく、
好印象を与えられるはずです!

ビジネスシーンでの自己紹介


ビジネスシーンでは、状況によってことなりますが、
基本的に長く話す必要はありません。
以下、3つのステップで話すことができれば伝わりやすく、いい印象を与えられます。

名乗りましょう

まずは自分の名前を伝えましょう。クラスでの自己紹介の時と同様に、名前が難しかったりする時は、何と呼んで欲しいか伝えると覚えて貰いやすいです。

例:My name is 〜 , but you can call me 〜.
「私の名前は〜ですが、〜と呼んでください。」

自分の会社、役職、どんな仕事をしているか

自分の会社や役職、仕事内容を知ってもらうことで信頼を得ることができます。
何年くらい経験があるかや、いつ頃からこの会社に勤めているか伝えるのもいいでしょう。

例:I work for A as a sales representative.
I have been working in the real estate industry for 5 years.
「私はA社で営業として働いています。私は不動産業界で5年間働いています。」
他の使えるフレーズ
・My role is 〜. 「私の役割は〜」
・I deal with ~. 「私は〜を対処する」
・I responsible for ~. 「私は〜を担当している」

目的の共有

最後の部分は、今日自分がすること、相手への共有事項を簡単に伝えましょう。
これを伝えることで、スムーズに会議に入れたり、プレゼンに移れたりするので重要です。

例:My purpose today is to share inside information about…
「今日の目的は〜に関する内部情報を共有することです。」

この3つのステップで自己紹介できれば、好印象かつスムーズに次に繋げられます。

まとめ

この記事ではシーン別に英語での自己紹介について詳しく解説しました。
どのシーンでもだらだらと長く話す必要はありません。
英語が苦手でも、ポイントを抑え話すことができれば、
相手に好印象を与えることができます。

何より自信を持って話すことが大切なので、繰り返し練習してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました