留学が辛い、帰りたい。辛くなる理由と対処法

未分類

留学と聞いて皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか?

楽しいイメージを持たれている方が多いと思いますが、
必ずしも楽しいことばかりではありません。
僕自身も辛くなり、帰国を考えたことが何回もありました。

今回は、このような悩みを持った方へ向けて記事を書きました。

————————————

・辛い、帰りたい

・思っていた留学生活と違う

・帰国したくなってしまったらどうしたらいいの?

————————————

辛いと感じる理由と、帰国したくなってしまったときの対処法や対策まで詳しく解説していきたいと思います。

留学中に同じような悩みを持っていた僕だからできるアドバイスもあると思うので、じっくり読んでみてください!
実際に私もこの記事で紹介する対処法で悩みを解決できました。。

記事前半では辛くなる理由について、
後半では対策・対処法について解説していきます。

辛い、帰りたいと思ってしまう理由

孤独

やはり孤独を感じてしまうと帰りたいと思ってしまいます。
僕も語学学校に入り数日間は友達ができず、
ランチも一人で外の公園で食べていました。
自分から積極的に話しかけに行けるようなタイプではなかったですし、
友達を作るのには時間がかかりました。
1日の中で、授業中に話すのも数回程。
何も楽しくありませんでした。
最初の一週間くらいは孤独感でいっぱいで本当に心が折れそうでした。

自分の心情を共有できる友達がいれば少しは孤独を感じづらくなるかもしれません。

正直、今思い返すとよく帰国せずに頑張ったなと思います。笑

英語が話せない

もちろんですが、日常会話から学校の授業まで全て英語になってきます。
日本では普通にできていたことでさえできなくなることがあります。
例えば、スタバでコーヒーを注文しようとした時、店員さんの行っていることが理解できなければ、注文できないかもしれません。
そんな何気ない日常の中で、英語が話せないとストレスに感じることがたくさん出てきます。
僕の場合は語学学校の先生が言っていることが早すぎて、
何も理解できませんでした。
英語を話すのが恐怖で常に怯えていたような気がします。

最初は本当にできないことだらけなので、辛いと感じる人も多いと思います。

人間関係

これは海外だからという話でもありませんが、辛くなってしまう大きな原因となります。

誰にでも会う人合わない人はいるものですから、
無理して付き合う必要はありません。

しかし、学校のグループワークやバイト先の同僚に苦手な人がいた場合、
どうしても一緒に作業しなくてはなりません。
気を使うので疲れます。
それが嫌になり学校やバイト先に行くのが辛いと感じてくると思います。
人間関係で悩み、辛くなる方も多いのではないでしょうか。

ここまでは、辛い、帰りたいと思ってしまう理由についてお話ししましたが、ここからは、その対策について詳しく話していきます。

帰りたくなってしまった時の対処法

対処法①:日本人の友達をつくる

やはり同じ日本人の人は、同じような悩みを持っていることが多いです。
悩みを共有し合うことで、少しは孤独感から解放されると思います。

現地での生活が長い方であれば、いろいろなアドバイスもしてもらえます。

僕も現地に住み7年目という方によく相談に乗ってもらっていました。
留学当初は自分と同じような悩みを抱えていたと聞き、少し安心しました。
日本人とばかり過ごすようになるのはよくないですが、
英語力を伸ばしたいという共通の目的があるので、悩みを共有できる日本人の友達を作るのはありだと思います。

対処法②:小さな成功体験を積む

何もできない自分が嫌になり、何もする気が起きなくなるのはわかります。
ただ辛くても地道に努力できる人であれば必ず英語力はつきます。

まずは小さなことでもいいのでチャレンジしてみましょう。


例えば、今日は学校で隣の席に座っている人に話しかけるなど、本当にそのレベルからでも大丈夫です。
それができれば次は、覚えた単語を会話の中で使ってみるなどやってみましょう。
できたということに対して自信がついてくるはずです。
できることが増えれば当然楽しくなってくるので、気づけば帰りたいという気持ちはなくなってます。

対処法③:一時帰国する

本当に辛くなってしまったら、一時帰国してみましょう。
一時帰国することは全く悪いことではありまん。
一度日本に帰って友達や家族と過ごしリフレッシュしましょう。
友人と会うことでまた頑張ろうと思えると思います。
絶対に帰らないと決めつけてしまうことで、それがストレスになってしまってはいい留学生活は送れません。
僕も年末は日本に帰っていました。思いっきり友達と遊びリフレッシュできたので、帰ってからまた頑張ろうと思えました。
辛くてどうしようもなくなったら思い切って一時帰国も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事の前半では留学中に辛い、帰りたいと思ってしまう理由について解説しました。
辛いと感じる理由としては、
・孤独
・英語力がない
・人間関係

この3つが主な理由となります。

後半部分では対処法について話しました。
具体的な対処法としては、
・日本人の友達を作る
・小さな成功体験を積む
・一時帰国をする

になります。

楽しみで行った留学なのに、思い通りにいかないことばかりで辛いと思ってしまうことも絶対にあると思います。
自分が今辛いと感じている理由を分析して、どうすれば楽しめるか考えてみてください。
折れなければ、いつか必ず楽しめる時が来ます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました