語学留学に1年行くと英語ペラペラになる?留学で英語力が伸びる人と伸びない人の違い

未分類

この記事では留学する予定の方、留学に行きたい方に多い悩みについて記事を書きました。
そんな方の悩みを解決する為に、自分自身の経験を踏まえて解説していきます。

————————————
・1年の語学留学でどのくらい英語が身につく?
・英語力が伸びる人と伸びない人の違い
————————————

今回は、こんな悩みを解決できる記事です。

記事前半では、1年の語学留学した人はどれくらいの語学力が身につくのかについて、日常会話や映画が理解できるようになるかなど、項目ごとに詳しく解説します!

後半部分では、英語力が伸びる人と伸びない人の違いについて話します。

せっかくお金を出して留学するわけですから、英語力をつけて帰国したいですよね。

ぜひ皆さんにも伸びる人は何をしているのかを知っておいて欲しいと思うので、
じっくり読んでみてください!

1年でどのくらい英語力がつく?


結論から言うと、人よって変わってきます。

現在の英語力や勉強時間によって成長スピードは違うので、必ずしも1年の留学で英語がペラペラになるとは限りません。

ただ、これではイメージしづらいと思うので、僕の経験上どれくらい伸びるか詳しく話していきます。

僕が留学する前の英語力は中学生レベルの英語が理解できるかできないかのレベルでした。
英語での会話はほとんどできないような感じです。

日々自分の英語力の無さに心が折れそうでしたが、コツコツ毎日勉強していたので人一倍努力した自信はあります。

具体的な勉強法については、こちらの記事で詳しく解説しています。
留学前に英語を勉強しておくべき理由とオススメ勉強法

そんな僕が留学生活1年を迎える頃、どのような変化があったか紹介します。

日常会話

ネイティブと簡単な日常会話ができるようになる。

正直、どれだけ英語を話すかによって変わってくるのですが、耳も慣れ英語への苦手意識が減ってくる頃かなと思います。
ただ、ネイティブの人が話していることを全て理解するのは難しいです。

日常でコミュニケーションをとるという面では1年でも十分達成可能です。

ちなみに僕は、洋服を買いに行った時に、店員さんとコミュニケーションが取れた時は、成長が実感できかなり嬉しかったです。

海外ドラマ

難しい内容のドラマでなければ、半分くらいは字幕なしでも理解できるようになるかと思います。

完璧に理解するのは、かなり難しいです。
理解するというレベルであれば、これも1年で十分達成可能ではあると思います。

もしこのレベルに達していたとしたら、学生時代にやっていたようなリスニングテストはスローに聞こえるくらい簡単に理解できるかと。

リーディングスキル

これは自分で積極的にわからない単語を調べたり、文法を勉強していればかなり理解できるようになります。

話す英語と書かれている英語は違うので、読むことは得意だが、話すことは苦手という人も結構いました。(特に日本人に多い気がします。)

日常的に英語に触れていれば自然と語彙力もついてくるので英文を理解するという点では成長が実感できると思います。

 

少しはイメージが湧いたでしょうか。

もっと英語力を身につけられる人もいますし、逆に1年経っても全く話せない人もいます。

その人の行動次第で結果は変わってきます。

では一体、伸びる人と伸びない人は何が違うのでしょうか。

ここからはその点について詳しく解説していきます。

伸びる人と伸びない人の違い


留学で英語力が伸びる人には共通点があります。

英語力が伸びる人が必ず実践していることは、

・日本人ばかりと過ごさない
・積極的に英語を話す
・英語の勉強を毎日する

この3つができている人は、他の人と比べ成長スピードがかなり速くなります。

日本人ばかりと過ごさない

自分は大丈夫と思っていても、やはり日本語だと言いたいこともスラスラ言えて快適ですし、安心感があるのでどうしても日本人同士で過ごす時間が増える人も多いです。
ただ、日本人の友達とばかり過ごしていては留学している意味がありません。
自分を最初から日本人が少ない環境に身を置くようにしましょう。

語学学校であれば日本人が少ない学校。

ホームページなど見れば、比率など書かれていることが多いです。

ワーホリで行く人であれば、日本食居酒屋などではなく、ネイティブの方が多く働く洋食屋さんなど。

英語を使うことが当たり前の環境にいる人は、成長スピードも圧倒的に早いです。

積極的に英語を話す

学校でもそれ以外の時間でも積極的に話せる人は伸びます。

基本最初は語学学校に行くと思いますが、積極的に発言する人はアウトプットする機会も増えるのでどんどん話すのが上手くなっていきます。

日本人はシャイな人が多いので、苦手な人が多いと思います。(僕もそうでした💦)
上手く話せなくてもいいんです。話せるなら学校いかなくていいですよね。

学校以外でも完璧に話せなくてもどんどん話しましょう。必死に話せば、必ず相手にも伝わります。

これができている人も英語力が伸びる人の共通点の一つです。

英語の勉強を毎日する

伸びるスピードが速い人は、日々の勉強を欠かしません。

その日習ったことの復讐や、単語を覚えることなどやるべきことはたくさんあります。

今の時代、YouTubeにも質の高い動画がたくさんあったり、スマホのアプリでも勉強ができる時代なので自分に合ったやり方を見つけ、継続することが大切です。

それができる人は成長スピードもグンと上がります。

 

この3点が伸びる人の共通点になります。

逆にこの3点
・日本人ばかりと過ごす
・話すことに消極的になってしまう
・日頃から勉強をしない
ができない人は、1年経っても全然話せないままでしょう。

まとめ

この記事の前半では、1年の留学でどれくらい英語力が伸びるのかについて解説しました。

1年留学しても英語ペラペラになるとはかぎりません。
ただ個人差はあるものの、努力次第で話せるようになります。

後半部分では、伸びる人と伸びない人の違いについてお話ししました。

伸びる人の共通点
・日本人とばかり過ごさない
・積極的に英語をはなす
・日々の英語の勉強を欠かさない

皆さんの努力次第なので後悔のない留学生活にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました